国内プロジェクト

仙台南光沢教会

光によって表情が変わる礼拝堂

礼拝堂への心を整える空間

仙台南光沢教会様Webサイトはこちらをクリック

1964年設立の仙台南光沢教会は、仙台・小松島の地で信仰を続けてきたプロテスタントの教会です。
ここはかつて、「南光沢」と呼ばれていたことからこの名称がつけられたのだそうです。

北東外観

敷地は、既存の教会堂の2軒隣になります。既存の教会堂は近隣からの認知度が低く、教会があるとは知らなかったと言われることが多かったそうです。
また、敷地には隣地や道路との高低差があり、さらに両側の隣地に設置された看板の存在感は決して小さなものではありませんでした。
そのようななかで、通りを行き交う誰もがここに教会があることを認識し、入ってみたくなるようなファサードを目指しました。

【左】東面近景/十字スリットの入ったRC壁は、教会の象徴であるとともに奥行4mの庇を支える構造体でもある 【中・右】階段ホール/十字架をモチーフとした手すり

十字に象られた大きな窓から見えるのは、吹抜の階段ホール。
エントランスを抜け、礼拝堂へ導かれる吹抜の階段は、礼拝に向けて心を整える空間として位置付けています。

吹抜より階段ホールを見る/礼拝堂への心を整える空間

キリストがあらわされる教会

「ここに主がおられる」という信仰を表す霊的空気が感じられるような、神の臨在を感じられる礼拝堂。
そこに入るだけで、おしゃべりすることをやめ、神の前に出たような厳粛な思いへと促される。そんな礼拝堂を望まれました。

礼拝堂の天井は聖餐台に向かって高くなり、最も高い位置に十字架の壁を設置しています。
聖餐台の両脇に窓はなく、十字架の光、そこに唯一開かれた天窓から射し込む陽の光、そして、両腕で包み込むように伸びる光の帯によって、正面性と霊性を表しています。

2階 礼拝堂


 

聖餐台背面壁/天窓から光が射し込む

光によって表情が変わる礼拝堂

礼拝堂の椅子は100席を有し、聖餐台を囲むように同心円状に配置されています。
聖餐台背面壁に浮かぶ照明で施された十字架、両腕を広げ礼拝堂を包み込むように伸びる間接照明、さらに椅子に合わせて配置された天井のダウンライト、これらの照明はすべて調光・調色可能で、礼拝堂を様々な表情に変えていきます。

【左】礼拝堂(暖色系)   【右】礼拝堂(白色系)

【左】親子室より礼拝堂を見る 【右】2階 ホール/階段横にエレベーター設置

【左】エントランス   【右】多目的室

礼拝後の静けさや祈りを捧げる厳かな雰囲気を大切にするために、礼拝堂は他の用途には使わず、礼拝のみ行う場でありたいとのご希望でした。

子ども礼拝や様々な集会、礼拝後の昼食会等を行う場として、1階に多目的室を設置しました。
可動間仕切によって2つに仕切ることもできます。

多目的室

【左】事務室兼面談室   【右】牧師室

【左】小会議室   【右】キッチン

【左】女子トイレ 【中】男子トイレ 【右】多目的トイレ

【左】牧師館 玄関ホール/左側はすべて壁面収納   【中】牧師館 リビングダイニング 【右】牧師館 キッチン

CM分離発注
教会堂建築は献金で建てられるため公共性が高く、コスト構成や発注プロセスの透明性が必要となります。
37社に及ぶ競争入札の末、19工種に分割し分離発注しました。

 

東側外観夕景

プロジェクト概要

所在地 宮城県仙台市
構造・面積 木造2階建 471.09㎡
施工 建て主さん直営によるCM分離発注
HP https://www.sendai-nankouzawa.jp/

Contact無料お問い合わせ・資料請求

仙台本社

〒981-0933 宮城県仙台市青葉区柏木一丁目3-12-111
TEL:022-346-1388 FAX:022-346-1 Mail:info@hom-ma.co.jp

上海事務所:虹夢建築咨詢(上海)有限公司

中国上海市长宁区茅台路1068号天祥大厦706室
TEL:139-1822-4462 (小吴 手机) Mail:615709806@qq.com

無料相談会実施中!

流れや予算について、具体的に御相談致します。

建築無料相談はこちら

資料請求

作品一覧をお送りします。お気軽にお問い合わせください。

資料請求はこちら