本間のメモ帳

2015年03月15日

丸太の支保工

ジャワ島ブログ最終日は、宿泊しているホテルの窓から見える景色です。

ジャワ島最終日-1.jpg

ホテル16階の窓から気になる工事現場が見えました。

↓↓↓ おそらく専用住宅の工事現場だと思います。

ジャワ島最終日-2.jpg

足場とか型枠支保工とか・・・日本とかなり違うみたいですね・・・。

ジャワ島最終日-3.jpg

どうやら丸太材を足場や支保工にしているみたい(汗)

しかも、足場と型枠支保工を繋いでいるようです。

これで大丈夫なんだろうか?

さて、そろそろ帰国の準備しようかな・・・ブログなんとか3日続きました!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hom-ma.co.jp/mt-kanri/mt-tb.cgi/2652

コメント(4)

3日分のブログ、拝見いたしました!ご出張お疲れ様でございます!いきなりスマランから…驚いだわ…暑いですね、仙台より。
インドネシアと聞いて真っ先にデヴィ夫人のことが思いつきました(汗)。‘バラエティー番組見すぎ’症候群ですよね。
明朝期の鄭和の西洋下りでは船団がジャワ島に上陸しているって昔歴史教科書で読んだことですけど、今の様子は全く想像がつきません…先生の写真から見ると緑いっぱいですごくきれいです。でもボロブドゥール遺跡は行ってみたいんです、自然風景より文化遺産のほうがずっと興味あります。
丸太材の足場って見た目がなんとなく北京の"鳥巣"(国家スタジアム)っぽいね…

まさに先生のこのブログを拝見して、ますますボロブドゥールに対して興味が涌いてきました。でも「外人」だけの理由でお金持ちとして扱われるなんてちょっと理不尽じゃないの?と思うのは私だけでしょうか?

「完璧」というお褒めの言葉をいただき恐縮です。だって辞書なしで何もできないもんだよね。ちなみにうちの電子辞書は先生と同じ、カシオの「エクスワード」シリーズで、でも中国語重視のモデルです。

インドネシアの台所事情に関しての情報は以前テレビで見たことがあるんだけど(またバラエティー番組?笑)あるバリ島に嫁いだ日本人妻さんのお宅は家族9人皆バラバラな時間に、敷地面積390坪と広い庭でそれぞれ自分の好きなところで食事をして、一家団らんという概念があまりないそうです。暑い南国で一年中外でご飯を食べるのは普通だからそういうキッチンもあり得るかもしれませんね。

そして…お願いが一つあるんですけど…あんなに筋も通らなくていい加減なコメントって先生は落書き扱いしないことだけに心から感謝いたしますがいちいち「有難う」と言ってくださって本当に申し訳ない気持ちでいっぱいになります。だから今後先生のブログにおじゃまする時、そんな丁寧なご挨拶を御役御免にしようっていかがでしょうか?

コメントする


プロフィール

名前/本間貴史(ほんま たかふみ)
職業/建築家(一級建築士)
誕生日/1966年4月18日
血液型/B型
出身地/ 新潟県

【ウェブサイトURL】
http://www.hom-ma.co.jp/

【以前のブログ】
http://hom-ma.seesaa.net/

   

カレンダー

カテゴリ

  • 日記