国内プロジェクト

すべってケガする家

狩野英孝さんご実家

改修前と工事風景

これは、ABC朝日放送 『大改造!!劇的ビフォーアフター 有名人の実家 リフォーム相談スペシャル』(2010/3/7 ONAIR)にて放送されたリフォーム案件です。

宮城県栗原市。
今回は、芸能人の狩野英孝さんのご実家のリフォームです。

狩野家は、お父様が神主を務める創建1500年の神社です。
古き昔より安産及び疫病の守護神として、広く信仰を得ているのだそうです。

早朝、狩野家をご訪問です。狩野英孝さんとご両親が出迎えて下さいました。

お家の中をひととおり拝見しましたが…このお家の問題点は、この押入れでした。
中棚に椅子が置かれてますが…

よく見ると、押入れの上がどこかにつながっています。
この押入れは、なぜか小屋裏収納に続いていて…そこに収納された様々な物は、神社の行事等で使われるのだそうです。
これらの物を運ぶために、押入れに椅子を置いて、何度も何度も昇り降りしているのだそうです。

こうして、そんな危険な状況を改善する工事が始まりました。
今回は、狩野英孝さんがイベント会場でお仕事している間に、1日で工事を完成させてしまいます。
即、工事に取り掛かります。

栗駒木材さんに来ています。
今回も、燻煙木材を使用します。
材木を運んできて…

いよいよ解体です。
状況を確認し、棟梁とはしごの製作の打合せをします。

2本のはしごを合わせて、仕上がりをチェックします。

押入れを解体してみると、思いのほか、床下の状態が良くありませんでした。
そこで、解体前に想定していなかった床の工事も行いました。

床下の状態が悪かった原因は、この雨樋が途切れているためでした。
急遽、雨樋を購入して、排水溝につながるように取り付けました。

帰ってきた英孝さんと一緒にはしごを運んで設置し、ご家族にはしごのご説明をして、無事工事完了です。

既存と改修後の風景

【Before】以前は、中棚に椅子を置いて、小屋裏収納へ昇り降りしていた押入れ    【After】脱着式のはしごを設置

【Before】小屋裏収納から見た以前の押入れ   【After】互い違いのはしごによって、楽に登り降りできます

【Before】番組では放送されませんでしが、おばあちゃんの部屋に続く段差がありました。  【After】手すりを設置しました

改修後

一見、急に見えますが、互い違いになった踏み板を交互に踏むことで、足を高く上げなくても、楽に上がれるのです。

はしごは、脱着式です

プロジェクト概要

所在地 宮城県栗原市
構造 木造
施工 共栄ハウジング株式会社

たくさんの方々のご協力を得て、今回の工事は完成しました。ありがとうございました。
ご協力頂いた方々のご紹介をさせて頂きます(敬称略)。
 

会社名 工種 連絡先
共栄ハウジング(株) 建築工事一式 宮城県仙台市青葉区向田17-16
TEL 022-355-5175
FAX 022-355-5190
(株)興建ハウジング 大工工事 宮城県大崎市三本木蟻ヶ袋
北川原上3-3
TEL 0229-52-5011
FAX 0229-52-5012
栗駒建材(株) 薫煙木材 宮城県栗原市鶯沢袋島巡44-1
TEL 0228-55-3261
FAX 0228-55-2556

Contact無料お問い合わせ・資料請求

仙台本社

〒981-0933 宮城県仙台市青葉区柏木一丁目3-12-111
TEL:022-346-1388 FAX:022-346-1 Mail:info@hom-ma.co.jp

上海事務所:虹夢建築咨詢(上海)有限公司

中国上海市长宁区茅台路1068号天祥大厦706室
TEL:139-1822-4462 (小吴 手机) Mail:615709806@qq.com

無料相談会実施中!

流れや予算について、具体的に御相談致します。

建築無料相談はこちら

資料請求

作品一覧をお送りします。お気軽にお問い合わせください。

資料請求はこちら