新築住宅・建て替え

南側外観

畳コーナーからサンルーム

地区計画のガイドラインに基づき、外壁の色や勾配屋根であることが決められました。

シンメトリックな外観のなかで正面性を持たせる為に、玄関の外壁を貼り分けています。

ご主人の書斎である畳コーナーは、車椅子への乗り降りが可能なように、車椅子座面と同じ高さになっています。

サンルーム(玄関)

単なる玄関ではなくサンルームとしての利用を想定し、畳コーナーや老人室に隣接した配置となっています。

来客や家族の行き来という生活のリズムを肌で感じ、それが刺激となって老化を抑えることを意図したもの。

家族に囲まれているという充足感は、心の安らぎにもつながります。

同時にデイサービスを受けるときも、わざわざリビングを通らなくても出入りできます。

リビング

リビング。
神棚下の縦格子は、亡くなったお父様が戦友から頂いたという掛け軸のためのスペース。

ライフヒストリーの象徴として、皆の集まるリビングに飾ります。


キッチン・廊下・老人室

この家は、老人室を中心に居室が配置されています。

老人室の壁に設けられた土欄間は、お互いの気配を感じ取れるように配慮したもの。

土欄間手前の作業台は、趣味のパソコンや工作に使われます。

小屋裏部屋(子供室)

小屋裏部屋(子供室)
お子さんは近い将来独立されるため、物置として利用の予定。

■木造2階建 144.09u

■施工:建て主さん直営によるCM分離発注

前のページに戻る

【無料お問い合わせ・資料請求】〜あなたの「日々の暮らしを楽しくする、自分仕様の家づくり」を応援します。
〜

無料相談会実施中資料請求