店舗・施設・医院


ファミリー葬須磨様Webサイトはこちらをクリック

大切な人を失った悲しみを共有できる人が集まり、思い出を語り合い、心をこめて故人を送る。

そんな葬儀こそ本来の姿なのではないでしょうか。

『大きくなくても、豪華でなくても、心のこもったお葬式がしたい』
・・・というご要望に応えられるように、きめ細かな設計を心掛けました。




中庭を囲んで、式場・リビング・和室を配置しています。
それぞれの窓から穏やかな光が射しこみ、明るい空間の中で、ご家族の心がゆっくりと解きほぐれるように。

中庭は、須弥山石組(しゅみせんいしぐみ)をコンセプトに計画しました。 須弥山とは、仏教の宇宙観にある世界の中心をなす想像上の霊山のこと。
中央に配置された立石を須弥山に見立て、それを取り囲むように石を配置し、仏教の世界観を表現しています。 須弥山の頂上は神々が住まう極楽浄土とされ、故人が極楽浄土に迎えられるようにと願いを込めました。



自宅にいるようなゆったりとした時間の中で、故人との思い出を語り合いながら、ご家族の心が安らぐように。

リビング/中庭から穏やかな日差しが射しこみます ダイニングキッチン
リビングから中庭を見る 和室3・4/奥の襖は、唐長和紙を貼っています。
伝統的な唐長文様と優しい色合いに心が和みます。
和室2/霊安室として、故人をお迎えするお部屋です。 和室1・2/和室1から式場へつながっています。
また、ここは直葬にも対応出来る場になっています。

ご家族の心が安らぎ、『今までありがとう』・・・故人への感謝の気持ちが自然に湧いてくるような、
そんな優しい空間をイメージしました。

式場/中庭が見える地窓からの柔らかな日差し。
七宝組子の文様を施した壁面と連続した木ルーバーは、祭壇の正面性を高めることを意図しました。
最期のお別れの場を整えることで、故人を尊び、より精神性を高められるように配慮しました。
西側外観/屋根は、地元の素材でもある日本三大瓦の淡路瓦を使用しました。 西側外観夜景/外灯を低くすることで、家族葬のスケール感を演出しています。
北側外観/北側道路は交通量が多く、騒音対策が必要でした。置換工法による交通振動対策に加え、断熱材や界壁によって、音環境を整えています。 北側外観夜景/建物全体のボリュームを抑えることで、親しみやすい施設を目指しました。
玄関ホール/正面には兵庫県の伝統工芸品であり、人間国宝の和紙職人が手掛けた名塩和紙を貼っています。 洗面脱衣室/より寛げる空間とするため、温泉宿のような竹むしろの床を採用しました。 洗面台の鏡の廻りには、楽屋のメイクコーナーをイメージしたライティングを施しました。
 
浴室/床は十和田石、壁と天井は桧を貼っています。坪庭を眺めながら、ご家族の心が少しでも癒されるように配慮しました。 廊下/住宅の玄関アプローチをイメージして、兵庫県特産の御影石を床に貼っています。   圧倒的な存在感のある中庭と式場の連続性を確保することで、広がりのある空間を目指しました。

■木造平屋建 247.81u

■施工:有限会社テクノコバヤシ

前のページに戻る

【無料お問い合わせ・資料請求】〜あなたの「日々の暮らしを楽しくする、自分仕様の家づくり」を応援します。
〜

無料相談会実施中資料請求