店舗・施設・医院

セレモール花廣様Webサイトはこちらをクリック

大阪府茨木市。

明治30年創業の花廣様。
創立120年を機に、事務所を建て替え、
新館としてオープンされました。

一日一組限定のリビング葬(家族葬)ホールとして、誕生しました。

外観は、色彩や庇の出を隣の本館と調和が取れるようにデザインしました。

1〜2階が事務所、3階がリビング葬、4階が小規模な法要を行う場となっています。

エントランス 受付・EVホール

応接室(2階) 食堂(2階)

寺院控え室(3階)





玄関(3階)/玄関庇やアプローチを設えるなど、
住宅の玄関廻りにある要素を取り入れ、
ご自宅にいるような雰囲気づくりを行っている。
ホワイエ(3階)/玄関から和室・LDKへと
連続したデザイン。


3階は建具を開け放つと、和室・LDK・式場と一続きの開放感のある空間になります。
和室の床の間の枯山水は、須弥山石組(しゅみせんいしぐみ)をコンセプトに計画しています。

須弥山石組とは、神様が住まう世界(極楽浄土)を表現したもので、
故人が極楽浄土に迎えられるようにと願いを込めています。

和室/床の間の枯山水は、須弥山石組(しゅみせんいしぐみ)をコンセプトに計画した。 和室・LDK・式場は、一続きになっている。

落ち着いた和室、そして、キッチンやリビングといったご自宅にいるような空間で、
故人の思い出を語り合いながら、ゆっくりと過ごすことができます。

LDK LDK・和室・ホワイエ・玄関/建具を開け放ち、開放感のある空間に。
LDK 和室
リビングから家族葬式場を見る 家族葬式場
家族葬式場 家族葬式場

家族葬式場は、「七宝組子」を施した壁面と連続する木ルーバーによって、祭壇の正面性と精神性を
高めるよう意図しました。

仏教においては「七宝」と呼ばれる七種の宝があり、極楽浄土の荘厳さを表現する際の例えとして
用いられます。
吉祥数である七つの宝の霊力が、身に着けている者を災厄から守ってくれると信じられています。

法宴室(4階)/会館近くを流れる川(安威川)をモチーフにした折上天井。正面への指向性と地域性を備えた空間。 法要室(4階)/壁面と一体化した障子により、人工物を見せないことで精神性を演出している。また、段階的に上がっていく天井が正面性を高めている。

南側外観 南側外観(夕景)


階段室/日の光が内障子によって拡散される。 階段室(夕景)/内障子が間接照明により照らされ、幻想的な雰囲気になる。
 
廊下(3階) 洗面脱衣室(3階) 着替室(4階)
男子トイレ(4階) 女子トイレ(4階)

■鉄骨造4階建 1,123.80u

■施工:株式会社工栄建設

前のページに戻る

【無料お問い合わせ・資料請求】〜あなたの「日々の暮らしを楽しくする、自分仕様の家づくり」を応援します。
〜

無料相談会実施中資料請求